磨き屋さんブログ


"くもり" posts

05
Category: オプション施工   Tags: ライト  コーティング  黄ばみ  くもり  磨き  長野  ヘッドライト    

ヘッドライトコーティング施工例・磨きによる黄ばみくもり除去/長野県T様

IMG_5258.jpg
ヘッドライト磨きとコーティングのご依頼です。
遠方のお客様ですと中々ご来店頂く事が難しいですが、ご発送頂ければ施工可能です。
今回施工するのは日産ローレル。
お客様は以前にもヘッドライトコーティングを業者に依頼されてあ事があるそうで、
その時満足な仕上がりは得られずむしろ残念な仕上がりだったようです。




IMG_5260.jpg
まずは水を嫌う部分をマスキングテープで防水します。




IMG_5261.jpg
さらに念を入れてビニールで覆って完全防水。





IMG_5264.jpg
画像ではあまり伝わりませんが、樹脂部は全体的に黄ばんでいます。




IMG_5268.jpg
※粗砥ぎ中※




<施工前>
IMG_5262.jpg
<施工後>
IMG_5271.jpg
荒れた表面を均一に研いで平滑に仕上げます。
脱脂後にコーティング剤を塗布して施工完了です。





IMG_5272.jpg
商品到着後5日前後で施工完了し、送料は着払いにて発送させて頂きます。
お客様よりお喜びの声と大変参考になるご意見のメールを頂きました。
ありがとうございます。また何かお手伝い出来ることがございましたらご連絡ください。
この度は、ディテールワークスへご依頼頂きありがとうございました。







■関連性の高い記事
・BMWヘッドライト研磨、ヒビ・くもり・傷・白濁・黄ばみ除去コーティング施工例
BMW5ヘッドライト研磨コーティング
・ガサガサに劣化したM,BENZヘッドライトを磨き・コーティングで再生
・VWゴルフのヒビ(クラック)を重研磨処理ヘッドライトコーティング施工例








スポンサーサイト



テーマ ヘッドライトリペア    ジャンル 車・バイク


30
Category: オプション施工   Tags: ヘッドライト  くもり  除去  黄ばみ取り  コーティング    ソアラ  東京  

ヘッドライトの曇り・黄ばみ取り、コーティング施工例/東京都練馬区H様

ソアラ最終型、ヘッドライト磨き・コーティングのご依頼です。

ソアラ
生憎の雨模様でしたが練馬区よりお越しくださいました。
遠い所よりご足労ありがとうございます。







劣化具合を近くで見てみましょう。


ヘッドライト被膜の劣化
透明度を失ったポリカーボネート樹脂をクリアに復元していきます。







ヘッドライトの洗浄
まずはレンズ面をクリーニングして、異物を除去。







ヘッドライト磨き工程
ボディーをマスキングした後の下地処理、番手を順々に上げながら磨いていきます。
端を丁寧に磨く事が丁寧に仕上げるコツです。






コート剤塗布にて施工完了
高い湿度のせいで内側が少し曇りますが、
ヘッドライトのコーティング、施工完了です。
大抵のヘッドライト(左右)の施工時間は3~4時間くらいなので、その日の内で出庫可能です。
施工中、お客様には代車をご利用頂いております。






<施工前>
ヘッドライト再生前
                       
ヘッドライト再生後
<施工後> 曇りをスッキリ除去






<施工前>
ヘッドライトの黄ばみ磨き前
                       
IMG_3693.ヘッドライトの黄ばみ磨き後
<施工後> 黄ばみもキレイに除去







高級感のあるソアラのヘッドライト
上から見ると透き通る感じで、また違った高級感がありますね。
この無防備な状態は紫外線の影響をモロに受けてしまいますので、
ヘッドライト専用コート剤でしっかり保護すれば完成です。






この度は、車磨き専門店ディテールワークスへご依頼頂きありがとうございました。
ヘッドライトの黄ばみや曇りの除去、ご相談もお気軽にご連絡ください。
ディテールワークス お電話 042-812-0705 <受付時間 9:00~20:00>





テーマ パーツ    ジャンル 車・バイク


06
Category: オプション施工   Tags: ヘッドライト  磨き  コーティング  黄ばみ取り  黄ばみ除去  タコマ  町田  くもり  相模原  再生  

ヘッドライトの黄ばみ取り方法 

US.タコマ
US.TOYOTA タコマの入庫です。
ヘッドライト黄ばみを取る為の磨きを入れます。
市販で「ヘッドライトの黄ばみ取り」や「傷を隠すタイプのケミカル」も販売
されていますが、多くは3ヶ月~半年以内に元通りになってしまうでしょう。
ここではヘッドライトの再生方法をご紹介します。




ヘッドライトの空砥ぎ
800番からの耐水ペーパーで水砥ぎをしていきます。
ヘッドライトにも磨ける限界がありますから厚みを意識しつつ、
しっかりと均一に磨いていく事が大切です。


作業効率の良いポリッシャーよりも、手作業の方が表面の状態や情報を掴みやすいです。




ヘッドライトの水砥ぎ
1200番で磨きます。
この後さらに細かい番手を2工程入れます。(1500番程度・2000番程度)

その工程毎で取りたいキズが取れていなければ1つ戻ってやり直します。
劣化したハードコートが残ってしまうと、斑点状に表面に浮かびあがってきたり
その部分からひび割れや黄ばみが再度発生してしまう可能性があるので徹底する必要があります。
但し、キズの深追いはしないほうが賢明です。





ヘッドライトの磨き
バフレックスで水砥ぎします。
コーナー部分をしっかり磨く事でさらに仕上がりも良くなります。
力を入れずに磨きます。
耐水ペーパーは水分が切れた状態では目詰まりして研磨力が半減しますから、
すべりが悪くなったら水を足しこの作業を繰り返します。









ヘッドライトのコーティング
ギアアクションポリッシャーで2工程の磨きを入れます。
組み合わせは、ウールバフ(超微粒子コンパウンド)→スポンジバフ(仕上げ用コンパウンド)で良いでしょう。
難しい作業ではありませんが、丁寧な作業が良い仕上がりに直結します。

※画像はCCSディンプルパッド(青)

ポリカーボネート樹脂、特にヘッドライト等は白濁を防ぐために熱に注意する必要があります。
CCSディンプルパッドを使用する事の利点はバフ表面に凹状の模様があり、
熱を逃がしやすい構造をしているという事です。




この後、脱脂してヘッドライト専用コーティングを施工します。
ボディー用コーティング剤を併用している施工店もありますが、
当店ではヘッドライト専用コーティング剤を採用しており、
その保護力と効果期間は検証済みです。
入念な下地処理とコーティングをする事で再劣化を防止できますが、
雨ざらしで洗車をあまりしないような保管状況で特に古くなったお車ですと、やはり劣化も進みます。

黄ばみやくもりでお困りの方は是非DETAIL WORKSにお任せください。 
ヘッドライト磨き・コーティングサービスはこちら。


■関連する記事
軽度のヘッドライト磨き・曇りを除去











テーマ パーツ    ジャンル 車・バイク



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom