磨き屋さんブログ


"東京都" posts

14
Category: ガラスコーティング施工一覧   Tags: レクサスCT  東京都  中野区  コーティング  

レクサスCTペルマガード施工例/東京都中野区Y様

048_201504141807236e0.jpg
レクサスCT、東京都中野区Y様よりボディーコーティング他オプション施工のご依頼です。
鮮やかなボディー色はエクシードブルーメタリック。




066_201504141807262ba.jpg065_20150414180725c24.jpg
今回当店にお持ち頂く前にボディーコーティングを依頼したらしいのですが、仕上がりはご覧の通り。
傷だらけのボディーの原因は研磨によるバフ傷。設備の整わない施工場での磨き上げは諸刃の剣です。








087_2015041418185696f.jpg
まずは同時にご依頼頂いたホイールコーティングの脱着施工
088_20150414181857334.jpg
タイヤハウスもしっかりクリーニング致します
089.jpg090_201504141819009f9.jpg
適正トルクで締め付けて作業完了







092_201504141822384e7.jpg
洗車前に細部の汚れを専用ケミカルを使用して洗浄






093_20150414182239bbb.jpg
ボディーコーティング施工直後にしては多目の鉄粉が付着、。
ネンダー処理せずに施工したのでしょうか。





094.jpg
マスキング完了
096_20150414182243724.jpg095_201504141822423c0.jpg
まずはボディーの状態を確認してみましょう






097_20150414182712b6a.jpg
やはり、。
ご丁寧にボディー全体にバフ傷が満遍なく残っておりました。
“バフ目”であれば除去は簡単なのですが、バフの状態が悪いことで生ずる“バフ傷”の除去程厄介なものはありません。
都度確認を行いながら地道に1パネルずつ仕上げていく事が美しい仕上がりへの一番の近道です。







<研磨前>
097_20150414182712b6a.jpg
<研磨後>
122.jpg
バフやコンパウンド、ポリッシャーを変えながら数工程を重ねて得られる平滑な塗装状態





<研磨前>
098_20150414183150f4c.jpg
<研磨後>
123_2015041418315480a.jpg





<磨き前>
099_201504141831517d5.jpg
<磨き後>
124_20150414183155404.jpg





<施工前>
102.jpg
<施工後>
128_201504141836090e3.jpg






<研磨前>
100.jpg
<研磨後>
125_20150414184205d08.jpg
バイザーの傷も研磨によりリセット可能です






103.jpg
トランクパネルも隅々まで磨く為、トランクストッパーを使用します






108.jpg
全てのパネルを磨き終えると脱脂を行いボディーをコーティング施工に最適な下地状態に作り上げます。
ペルマガードの施工では脱脂洗浄の際にアクティブクリスタル処理を行うことで科学的結合が促進され、
より強固な保護膜を形成する事ができます。








111.jpg
ペルマガード施工完了。漆の様な艶が鮮やかなメタリックブルーに深みを加えます
110_201504141849120c2.jpg109.jpg
ガラス系コーティングの皮膜が約0.5~1.5ミクロンなのに対しペルマガードの皮膜は7~10ミクロンと厚い被膜形成が可能です。
120.jpg112.jpg
この分厚い皮膜が前述した特殊技術(アクティブクリスタル処理)により足付けされますのでエマルジョン系ポリマーの様に
簡単に剥離したり流れ落ちる事がありません。
116.jpg118.jpg
徹底的な下地処理で得られる艶・光沢をペルマガードの光沢フィルムが最大限に増幅させます












113_20150414184915d79.jpg
24時間の硬化ブランクを置いてお客様へお引渡しとなります







121.jpg
当店のボディーコーティング施工では機械的に仕事に取り組むことなく時には非効率な方法も採り、下地処理には多くの時間を割かせて頂きます。
じっくりとお車と向き合わせて頂く事もすべては美しい仕上がりを最優先する為。
この度はボディーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂きありがとうございました。











スポンサーサイト



テーマ ボディーコーティング    ジャンル 車・バイク


31
Category: ガラスコーティング施工一覧   Tags: ダッジデュランゴ  コーティング  東京都  町田市  

ダッジ・デュランゴ、ガラスコーティング施工例/東京都町田市F様

IMG_4985.jpg
ダッジデュランゴ2002y、町田市のお客様よりガラスコーティンング施工のご依頼です。
アメ車らしさという脂が乗り切った感がある最後のダッジ「初代デュランゴ」。
フルサイズSUVだけあって流石にデカイですね。
まずは洗車。下の写真はナンバー裏。





<洗浄前>
IMG_5005.jpg
<洗浄後>
IMG_5009.jpg
洗車といっても当店では、取り外せる部品は取り外し普段は手入れしきれない部分やパネルの継ぎ目や隙間を
プロ用ケミカルなどを使用して3~4時間、必要があれば半日以上かけて入念に行っています。




IMG_4996.jpg
マスキングを行い磨きに入ります。
車体が大きいので丸2日程、磨きに要しました。




IMG_5001.jpg
短毛のウールバフでの傷取りから仕上げ研磨まで計3工程で全パネルを磨き上げます。




<磨き前>
IMG_4991.jpg
<磨き後>
IMG_5026.jpg
特にキズが酷かった右フェンダーパネル、少しキズが残りました。




<磨き前>
IMG_5000.jpg
<磨き後>
IMG_5027.jpg
ボンネットのエンブレム周り




<ファーストポリッシュ後>
IMG_5010.jpg
<仕上げ研磨後>
IMG_5025.jpg
上の写真は初期研磨後のドアパネル。バフ傷により乱反射しているのがわかります。
このバフ傷を残りの工程で可視出来なくなるまで消し込んでいきます。

ボディーコーティングの他、窓ガラス純フッ素撥水加工と硬化型ホイールコーティング、
ヘッドライト専用コーティング(研磨無し)の施工もさせて頂きました。
研磨終了後は、マスキングを解き脱脂を行います。
脱脂後に乾燥(水分の拭き取り)をしていよいよコーティング施工の開始です。





IMG_5020.jpg
磨き後の無垢な塗装は本当に美しいですが、このままでは無防備なのでコーティングによる塗膜保護が必要です。
IMG_5030.jpg
可能な部分は全てコーティング、但しメッキ部分へは他の部分より定着は弱くなります。
IMG_5031.jpg
コーティングブランクを置きます。
IMG_5048.jpg
ガラスコーティングの被膜感がより深い黒色を演出します




最後にお客様が気にされていたロゴのメッキの剥がれも簡易的にですが補修しておきました。

<補修前>
IMG_5037.jpg
<補修後>
IMG_5041.jpg
噴きつけ塗装ではありませんので、完全に修復はできませんでしたが少なからず目立たなくはなりました。
以上、全3日間のコーティング工程は完了です。





IMG_5018.jpg


仕上がりにはお客様にも大変感激して頂きました。
この度は、ボディーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂きありがとうございました。
今後共、メンテナンス等長いお付き合いを宜しくお願い致します。








■関連性の高い記事
クラウンアスリートブラキッシュレッドマイカ傷取りコーティング
レクサスRX450hガラスコーティング施工
ゴルフR32!ガラスコーティングを施工




テーマ ボディーコーティング    ジャンル 車・バイク


22
Category: ガラスコーティング施工一覧   Tags: ガラスコーティング  東京都  町田市    プリメーラ  カーコーティング  日産  

日産プリメーラのガラスコーティング/東京都町田市

日産プリメーラ
東京都町田市のお客様、プリメーラのガラスコーティングのご依頼を頂きご入庫です。
シルバー系は汚れやキズが目立ちにくい人気の塗装色です。
早速ボディー・細部・足回りから洗浄します。



スカートのピッチ・タール
アスファルトの跳ね返り等のピッチ・タールは通常の洗車では除去できません。


ピッチ・タールを除去
専用除去剤で丁寧にタールを溶解した後、落します。



鉄粉取り
鉄粉取り粘土で下地処理を進めます。
鉄粉もボディーに突き刺さった状態で固着しているので、
通常の洗車では絶対に落とす事ができません。



完全マスキング
マスキング終了。
ここで一つ、当たり前の事を言わせて頂きますが、
塗装色の違いで施工手順を省いたり精密性を欠く事はありません。

しかしこのボディーの状態。写真で伝わりますでしょうか?


コンパウンドの拭き残し
WAXのムラだと思っていたのですがこれはコンパウンドの焼け付きの跡です。
納車時に販売店で磨かた時のものです。
施工者は気付かなかったのでしょうか。
いいえ、塗装色がシルバーなので、拭き取りに手を抜いたのでしょう。

なぜならこの焼き付きはボディー全体に付いているからです。


コンパウンドの焼き付き
サービスだとはいえ、これなら磨いてもらわない方が良かったのに、、、。
これだけの量のコンパウンドの拭き残し・焼け付き跡のある車を見るのは初めてです。



リアクオーターパネルの傷 ⇒ 傷取り
ファーストポリッシュで焼き付いたコンパウンドと、
写真右側の様な線キズも除去していきます。



パネルの傷 ⇒ 磨きで除去
傷だと諦めていたものが、意外と傷では無い場合も多いのでタッチペンなどは焦らずに。


ドアノブのカップ部分の傷 ⇒ ドアノブカップの傷除去
コンパウンドの焼け付きに引っかかっては除去する作業をその都度繰り返しました。


日産エンブレム
予想外に時間が掛かってしまいました。


プリメーラのヘッドライト
施工完了。
プリメーラもキレイになって喜んでます。


適当な施工ならやらない方がましです。
確かに油分を多く含んだコンパウンドで磨かれれば傷は埋まりますし、
一時的にはとってもキレイな車だった事でしょう。
それを悪く言うつもりは全くありません。
ただ、この車の状態はお客様とこれから長いお付き合いをしていきたい
と考えている車屋さんのする仕事ではありませんでした。
中古車のご購入をお考えの方は、お店選びは慎重に。

この度は車磨き・コーティング専門店ディテールワークスへご依頼いただきありがとうございました。
ご不明な点がありましたらまたご連絡ください。


■関連性の高い記事
・他のコーティング施工を新しい記事から見る

テーマ ボディーコーティング    ジャンル 車・バイク



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom