磨き屋さんブログ


"DIY" posts

27
Category: 磨き屋のウンチク   Tags:  磨き方  ポリッシャー  操作方法  DIY  コーティング  

車磨きの3大要素とポリッシャーの操作方法

最近ではご自分で磨き(DIYコーティング)に挑戦され、苦戦の末、
質問やお問い合わせを頂く事がよくあります。
中でもコンパウンドの焼け付きや白くぼやけてしまう、傷が取れないなど、
下地処理でのお悩みが大半です。
文章で磨きの方法を説明する事ほど難しい事はありませんが、
出来る限りお答えさせて頂こうかと思います。
まず、コーティング前の研磨に際して、得られる成果は

1.コンパウンドの種類(研磨剤の種類・成分や粒度)
2.バフ(ウールバフ・ウレタンバフ等)
3.ポリッシャー(シングルアクション・ダブルアクション)


の3つの要素により決まります。
更に、塗膜の状態をしっかりと把握する事も大事なファクターです。
自動車メーカーにより使用される塗料の樹脂の配合も様々で、
非常に硬いものから柔らかいものまで幅広く存在しています。
またメーカーの生産ラインで完成する塗膜と鈑金補修で使用する塗料の硬度も異なります。
本来であれば最良の結果を得るために、上記の様々な組み合わせを熟知している必要がありますが、
“磨き初心者の屋外施工”という事を前提としてご説明致します。



・ポリッシャーの動かし方、上手な操作方法を知りたい

サーッと流れる様な手裁きでバフを動かす人を見かけたりしますが、
これはコンパウンドの主成分アルミナの切れ味をうまく生かせていません。
面圧を適宜加えつつ、可能な限りじっくりと、
欲を言えば熱を利用しながらポリッシャーを動かします。

コンパウンドを細かく砕いていくイメージで磨きます。
ポリッシャーが暴れるのを嫌って、極端にバフを斜めにしたりせず、
出来る限り面で扱うことも均一な仕上がりを目指す上で重要です。
ボディーの熱のたまり具合に注意してバフ毎に操作方法の工夫を覚えてください。



・コンパウンドが滑る、コンパウンドの切れが悪い
 ⇒作業効率が悪い


コンパウンドのつけ過ぎが主な原因です。
バフがコンパウンドで若干湿っているくらいがベストです。
バフも出来れば1工程に付き数枚用意したいですが、
難しい場合はバフが詰まったらこびり付いたコンパウンドを、
バフクリーナー等でまめに落として下さい。

バフとコンパウンドの組み合わせが塗装に合致していない場合も作業効率が悪くなります。
実車の塗膜状態を見ていないので、最良の組み合わせを伝えられませんが、
市販されているコンパウンドでは3Mやメンツェルナでおおよその塗装は十分磨けます。
効率良く傷取りや仕上げの出来るバフやコンパウンドの組み合わせを根気良く探してみて下さい。

扱った事の無い人には少し抵抗があるかもしれませんが、バフレックス(ブラック)♯3000の耐水ペーパーを使用して大まかな傷を取ってしまうのも効率良く磨く為の一つの手段です。



・コンパウンドが焼け付く
・塗装が白く曇ってしまった


これらはバフ目(細かいバフ傷)によるもの、
または“熱”によってクリアがこげる事で起こることもあります。
ボディーが熱を持っている時に磨いたり
研磨熱が一点に集中してしまう事で起こります。
ポリッシャーの回転数を下げて、熱を上手に逃がす事も考慮してください。
コンパウンドが焼き付いた場合は焦ってその上から磨いたりすると、
更に焼け付きに拍車を掛ける事になりますから、
不織布などにコンパウンドを少量付けて撫でる様に拭き取ります。
傷の深追いをしないように気を付けてください。



・傷が取れない

爪にひっ掛かる様な傷は目立たなくする事はできても除去することはお勧めできません。
十分な設備や機材が整っていない場合は、ある程度のところで妥協しましょう。






まとめ

重要な部分で共通するキーワード“熱”です。
磨きの重要な要素の一つでうまく扱えれば、
ワンランク上の仕上がりを実現出来ますが、
熱の扱いを間違えれば取り返しのつかない事になります。
十分な設備の整っていない屋外での作業ですから
ある程度のところで妥協することも必要です。

困った時はDIYコーティング補助サービスへ。

手磨きバフ

■関連性の高い記事
DIYコーティング施工の正しい手順を知る
どうして磨くと傷が取れるのか?
ガラスコーティングを新しい記事から見る














スポンサーサイト



テーマ お役立ち情報    ジャンル 車・バイク


16
Category: 磨き屋のウンチク   Tags: DIY  コーティング  方法  施工  順序  上級者  磨き  

DIYコーティングの施工方法(中級者)

ご自分でコーティングされる方の為に施工方法の手順や方法をご説明します。
もっと詳しいDIYコーティングの施工方法は、
下部のリンクから該当ページへ移動してください。



①洗車(足回り洗浄)
タイヤには保護成分が含まれている為、あまり強い溶剤を使用するのはおススメしません。
中性洗剤で洗いましょう。
ガンコな汚れが付着してしまったホイールの細かい部分には
使用済みの歯ブラシの柄の部分をライター等で炙って角度をつけたものを使うと
落としやすいので試してみてください。
ホイールにもメタリック塗装やハイパー塗装、スパッタリング塗装など様々な種類があり、
さらに表面の加工もクリア塗装を施したものやアルマイト加工したもの、クロームメッキ処理したものなど
があります。クロームメッキなどは対スリ傷性能は弱いので優しく洗うことは必須です。
それぞれに対薬品性も異なりますので性質をよく理解したうえで洗浄剤を選びたいところです。
足回りを綺麗にすると仕上がりも一段と良く見えるので可能な限り汚れを落としていきましょう。


②洗車(細部・ボディー)
細部の汚れを落とすと、ぼやけていた輪郭がグッと引き締まり、
ボディーラインやデザインのエッジを効かせることができます。
この工程はぜひ徹底的にやって頂きたいです。
エンブレム周りやモール周辺、各パーツの接合部には水垢が囲うようにように付着しています。
モールの隙間にはびっくりするくらい大量の汚れが潜んでいます。
洗車の際は、ゴシゴシとこする様なことをすると新たな洗車傷を作ってしまいますので注意が必要です。


③鉄粉除去
新車のボディーに触れるとツルっとしていますよね。
中古車の塗膜にはザラッとした感覚があると思います、それが鉄粉です。
鉄粉は、ボディの塗装面に突き刺さった状態で固着しており、
洗剤やワックス、コンパウンドでも絶対に取れません。
鉄粉は時間の経過とともに錆びて塗装に悪影響を与えるのでしっかりとトラップ粘土で除去していきましょう。
鉄粉は淡色のボディー色なら大きなものは目で確認できるはずです。


ピッチ・タール除去
道路のアスファルト工事箇所を走ったりするとボディのサイド、
フェンダー内側に付着する黒い汚れがピッチ&タールです。
夏の暑い日には路面のアスファルトが溶け出し、タイヤが跳ね上げて付着することもあります。
付着したまま放置しておくと、硬化して除去しにくくなり、塗装にシミをつけてしまうので要注意です。
ピッチ・タール除去剤で溶解して取り去りましょう。


⑤水分の拭き上げ
ボディーを擦るようなことは決してせずマイクロファイバークロス等に水分を
移すようにボディーに優しく滑らせてください。
ゴシゴシ禁止、ここでも拭き傷には注意です。


⑥マスキング
ゴムパーツ等を磨いてしまうと摩耗し劣化します。
磨けないパーツ(梨地の樹脂など)をマスキングテープで保護しましょう。


ポリッシング
塗膜をポリッシング(磨き)処理をする事で、劣化塗膜を取り除き平滑な塗膜に再生します。
コーティング施工に必要な下地を整えていく重要な工程です。
ダブルアクションポリッシャーは一般的にトルクが弱くキズ消しに不向きですが根気と時間があれば
きれいに仕上げる事も可能です。
シングル程のトルクがあり、少し高価ですが取り扱いやすいギアアクションポリッシャーもお勧めです。
風が弱い曇りの日、できれば屋根のある場所で作業しましょう。


脱脂
脱脂工程ではコーティング前にボディーに残った油分を除去します。
コート剤の定着率に影響し、丁寧に脱脂する事でコーティングの被膜の安定した定着を促し
コーティングの効果を長持ちさせる事ができます。
傷を埋めていた油分があった場合は脱脂後に傷が露呈する為、
磨きが不十分だと傷が増えてしまったように見えるかもしれません。


コーティング
丁寧な下地処理をしたボディーは美しい艶と光沢を手に入れられますが、
大変無防備な状態にあるので長くこの状態を保てる様にボディーをコーティングしましょう。
コーティングが翌日の作業になる場合はコーティング前に埃やチリを落とす為の
洗車・拭き上げを再度行います。
あとは各種コーティング剤の説明書にある施工指示に従ってください。




以上が少し本格的なDIYコーティングの大まかな流れです。
洗って塗るだけのコーティングに満足できなくなった方は、
一度、試されてみてはいかがでしょうか。


ボクスター

もっと詳しく施工方法を知りたい方は、
DIYコーティングの補助サービスページ内「DIYコーティング施工方法(PDF)」をご参照ください。施工店用の下地処理キットの販売も行っております。

 
■関連性の高い記事
お店選びのヒント!施工店がべき最低限の準備とは?
コーティング施工店ごとに大きな価格差がある理由
5工程の磨き、ヘッドライト研磨方法







テーマ お役立ち情報    ジャンル 車・バイク



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom