磨き屋さんブログ


"磨き屋のウンチク" posts

29
Category: 磨き屋のウンチク   Tags: ---

アルミホイールの種類とタイプ別のメリット・デメリット(注意点)

弊社ではカーコーティング各種、ホイールやウィンドウの洗浄、コーティングまで幅広く携わらせていただいております。
今回はホイールについて触れさせていただきます。
リサイズ最近施工させて頂いたホイールの一部の写真。人は自分を写す鏡と言いますが、車もそうかもしれません。
近年では様々なデザインのホイールを見かける様になりました。
カーディテーリング業界においてホイールパーツは仕上がりを左右するとさえ言われる重要なファクター。
車の美観もホイール一つで印象はガラッと変わります。一昔前まではホイールの標準装備といえばスチール(鉄)ホイールでしたが、最近では標準でアルミホイールを装着した車も少なくありません。
しかしスチールよりアルミの方が良いのか?
と言われると一概にそうとも言い切れません。
スチールを愛するユーザーも数多くいるからです。
誰かが短所と感じるところは誰かが必ず長所と感じてくれます。
見た目か中身か、、、ではないですがそれぞれメリット、デメリットは粗悪品でない限りあると思います。
B1D02542-C8D0-4315-8893-7D6C01D9E9E8_4_5005_Cのコピージムニーなどに装着されるスチールホイール。
その強固さときたらタイヤがバーストしてもしばらく走れると噂されるほど。(絶対におやめ下さい)
先日、新規でお問い合わせいただいたお客様よりアルマイト処理をされたホイールについてご相談がありました。
くすみが発生してしまった様です。
そこで今回は手前味噌ですがアルミホイールのお取り扱いの注意点等、ご説明できればと思います。


ホイールの種類
ホイール自体の素材といえば有名どころでいえば
スチール(鉄)
アルミニウム (軽銀)
この二種になるかと思います。
他にもマグネシウムやカーボンといった様々な素材のホイールがありますが、とても高価なためレーシング用やイベントなどでしか滅多にお目にかかれません。(一本あたりマグネシウムは30万円前後。カーボンは200万前後)
しかしながら一口にアルミホイールといっても製造方法も違ったり(鍛造・鋳造等)、カラーの塗布の仕方(メッキ処理等)によっては使用ケミカル(薬剤)も注意が必要になってきます。
うっかり通常のアルミホイールと同じ様に取り扱っていると変色してしまう事もあります。


メタリック塗装
IMG_0678.jpegこちらはスタンダードとされるメタリック塗装。ナットを変えるだけで清楚かつエレガントな仕上がりに。
ボディの塗装同様の過程で耐熱メタリック塗装がされています。
クリアコートも入っているのでしっとりとツヤのある外観になります。実はこのスタンダードが最も耐薬品性があり、お手入れし易いです。
基本的にはアルカリや酸性ケミカルなど、各種洗剤、クリーニングの薬剤の使用が可能です。
ガリ傷が増えてしまってもリペアもやられている業者さんも多数ありますので、付き合い易い装備なのは間違い無いです。
ハイパー塗装というのも高級車などでお見かけする事もありますが、耐久性や耐薬品生は比較的強いので、メタリック塗装同様のお手入れが可能です。
IMG_1051 (2)スタンダードタイプと比べ少し黒味のかかった輝きが高級感と渋味を醸し出します。
アルマイト
IMG_5261.jpegゴールドのアルマイト処理が施されたホイール。大胆かつゴージャス。つい二度見してしまいます。
アルマイトは、陽極電気分解によりアルミニウムの表面に酸化被膜を発生させて塗膜を施すカラーで、そういった加工をアルマイト処理、もしくは陽極酸化処理と言います。
メッキと似ていますが、、性質や構造は違い、金属の表面上にメッキ層を形成するメッキに対し、アルマイトはアルミの素地を溶解して浸透し、その表面にアルミナという被膜を形成します。
元より酸化被膜(錆の被膜)なので錆などの腐食が素地のアルミまで進行しづらく、外観の経年変化に強い表面処理です。
さらにアルミより耐久性があり、スリ傷も付きにくいとされています。
反面、傷などで下地のアルミがむき出しになってしまうほどのダメージを与えてしまうと、その部分から腐食しやすくなります。
が、その点は全タイプ共通の課題ですのでアルマイトだから、というわけではありません。
注意点
アルマイト処理されたホイールは迫力がありカッコいいですが、取り扱いはデリケートな部分もあるので注意が必要です。
アルマイト処理が施された上からクリア塗装されているものもありますが、ホイールに限らずモール部等そうでないものも多いです。
例えばアルカリ系や酸を含むワックスや洗剤等を使用するとくすみやシミ、変色が発生してしまうことがあります。
強力なアルカリ性のケミカルはアルマイトを剥離するときに使う業者さんもあります。
雨や水道水にもアルカリは含まれますが、微量に含まれる分には問題ありません。
付着した場合には放置するとほぼ確実にダメージで変色したりするので、流水で速やかによく洗い流すようにしましょう。
しかし頻繁にアルカリ性洗剤等で洗浄すると徐々にダメージが蓄積されていきますので気を付けたいところです。
クロームメッキ
93BD0577-EDFA-4B66-826F-D9376F36A39C_1_201_Aのコピー輝くブラックが青空を反射させ青色に。妖艶な魅力が漂っています。
陽極の反応を利用して処理するアルマイトに対し、クロームメッキ加工は陰極の反応を利用して加工されています。
アルミの表面を「電気(陰極)クロームメッキ」処理を施すことにより、薄い鏡調の塗膜を施すカラータイプ。
見た目は鏡面が多く光沢も申し分ないので、高級感あふれる仕上がりとなります。
スタンダードな塗装タイプや切削タイプと呼ばれるダイヤモンドカットに比べ価格レートは高め。
メッキ処理は酸化(錆)などに強く、ベースと素材と異なる金属を上乗せし、ベース素材の弱点をカバーしようという効果もあります。
注意点
クロームメッキは非常に強固な膜を表面に形成しますが、ピンホールや飛び石など層に深めの傷がついてしまうとそのポイントから剥離してしまうという事例が多く、耐スリ傷性能は低いとよく評価されてしまいます。
メッキの性質なので仕方ないと言えば仕方のないことではありますが、ダメージを受けた部分からベースのアルミが錆び、メッキが剥離していくので、
こまめにメンテナンスをして綺麗な状態を保つのが長く付き合っていくポイントです。
深い汚れやダメージを受けてしまった場合、強力なケミカルを使用すると、メッキが弱っているため、普段問題ない様なケミカルやクリーニング剤でも変色してしまったり最悪剥離してしまう事もあります。
酸性は直にダメージを受けるためクリーニング剤等成分には注意してください。
アルカリ性のケミカルでも素材が弱っていると変色したりしてしまうことがあります。
スパッタリング
FF60852D-0CEA-480C-BEC3-112138B9CDED_1_201_Aのコピークールビューティー。内に秘めた凄みを感じます。
スパッタリングは化学反応により真空中の被膜を付着させるメッキ加工です。
クロームメッキの様に高級感あふれる質感を出し、タイヤの存在感をググッと前面に押し出してくれます。
通常塗装より高いものの、「クロームメッキ」に比べると比較的安価で加工できるという点も含め人気があります。
外観もクロームメッキに非常に似ています。
シルバーの鏡面タイプのものが多いですが、カラーの付いたタイプもありますので、好みのホイールも見つけ易いかと思います。
注意点
スパッタリングはアルマイトやクロームメッキと比較すると下地のアルミとの密着性が低いため、剥がれ易いです。
メンテナンスの際はアルマイトやクロームメッキ然り、トップにクリアコートがされていればスタンダードタイプのような対応も可能ですが、
施行店によってはクリアコートの厚みが違うことがあります。
スパッタリング塗装自体は非常にデリケートですので、特に酸性ケミカルは使用を控えた方がいいです。
アルカリや鉄粉除去剤も濃度が高いものになるとくすみや変色が起きることがあります。
ダイヤモンドカット
7D83A863-9EB4-4AF1-B3C8-3EAB8552FEF7.jpegベンツの純正ホイール。星型のスポークで紳士的なオシャレ。スポーク表面の輝きが良いアクセントになっています。
これはスポークの表面にダイヤモンドカットという切削加工が施されています。
CDの表面の様な輝きを演出することができます。
そのままクリア塗料を表面に塗布し、アルミ本来の光沢を最大限に引き出した加工法と言えるのではないでしょうか。
塗装やアルマイト、クロームメッキはとは違った味の高級感を演出できるので、こちらの加工を好まれるユーザーも非常に多いです。
車種によっては純正ホイールにこの加工が施されている車もお見かけする事も多いです。
注意点
純正装備車もあるぐらいですからメタリック塗装やハイパー塗装と同じ様な対応で問題ありませんが、飛び石や深いダメージによるいわゆるクリア剥がれを起こしてしまうと、白錆というくすみの様なものが発生し非常に目立ちます。
白錆は下地のアルミの酸化により発生するもので、劣化などによりクリアが落ちてしまった場合然り、アルミが直接空気に触れているとアルミの特性として必ず発生してしまいます。
他のホイールも起こらないことはないのですが、ダイヤモンドカット施行部は一層目立ってしまいます。
メタリック塗装もそうですが、下地のアルミ自体はそこまで対薬品性は強くありません。
そこを下手にケミカルなどで落とそうとすると、ダメージで悪化して広がってしまう事も。
基本的には白錆は削り落として再塗装するものなので無理をして悪化させてしまっては元も子もありません。
ダイヤモンドカットのリペアは比較的高額なことが多いです。
終わりに
ここまで書き起こしてきましたが、全てのタイプに共通して言えるのが、中性洗剤であれが何かしら異常が起きた、という事例は聞いた事はありませんので、安全ではあるかと思います。
酸性やアルカリ性のケミカルは確かに強力で汚れやくすみを落とせるものもございますが、ホイールの種類や状態を吟味し、汚れやくすみの原因を見極めた上で、慎重に取り扱う必要があります。
参考になるような内容があれば幸いでございます。
気になることがあればお力になれる部分もあるかとは思いますので、是非とも一度ご相談ください。
弊社正規ホームページはこちら■■□―――――――――――――――――――□■■
ディテールワークス
【電話番号】
042-794-4988
【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994
【営業時間】
10:00~20:00
【定休日】
不定休
■■□―――――――――――――――――――□■■

スポンサーサイト




12
Category: 磨き屋のウンチク   Tags: ヘッドライト  黄ばみ  原因  除去  

ヘッドライト黄ばみの原因と除去方法

ヘッドライトレンズカバーの多くは、ポリカーボネートが使用されています。
ポリカーボネートがヘッドライトカバーに採用されたのはは割れにくく燃えにくい素材性、耐衝撃性や寸法安定性の高さ、
透明度が高く様々な形状に加工する事が容易である為です。

樹脂製ヘッドライトカバー

昭和30年から50年代にかけて主流だったガラス製のヘッドライトにとって代わったわけですが、
ガラス製のヘッドライトでは起きなかったトラブルが発生しているのが事実です。
まずはガラスとポリカーボネートそれぞれの素材の特徴を比較します。


              ポリカーボネート      /       ガラス
透明度             86%               92%
屋外耐候性        紫外線劣化を起こす           非常に良い
強度             非常に高い             非常に低い
鉛筆硬度           1H~HB程度              10H以上
難燃性             自己消化性              不燃性
比重               1.2                 2.5
紫外線カット        良い(紫外線を吸収)         悪い(カットせず)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特徴              ・割れにくい             ・傷に強い
                ・燃えにくく安全             ・耐久性が高い

欠点              ■傷が付きやすい            ■割れやすく危険
                  ■耐候性が弱い             ■加工が困難、重い


まずポリカーボネートの弱点として
表面硬度の弱さが挙げられます。
一般的な自動車塗装の硬度が1H~2Hなのに対しポリカーボネートはHB~1H程度と柔らかいため
キズが付きやすく、白濁なども起こりやすくなります。

耐溶剤性
アルカリ有機溶剤に対して非常に弱く、溶解やクラックなどを起こします。
注意)ヘッドライト研磨等で磨き終えた際に脱脂の為シリコンオフを使用したり
カラーフィルムを剥がすためにラッカーシンナー等を使用すると瞬時、又は徐々に確実にクラックが入ります。

紫外線
紫外線に非常に弱く、黄ばみ(黄変)やクラックなどを起こします。
ポリカーボネート樹脂は紫外線の照射を受け続けると表面が化学変化を起こし、成分転位生成物に」変化します。
生成物は、黄変、または茶褐色の物質で、出来上がった表面は紫外線の吸収を行いある一定以上になると
紫外線による変化は止まります。この透明度が無くなり黄色く変化した状態が“黄変”と呼ばれています。

images45.jpg     IMG_6529.jpg

上記、現在のヘッドライト樹脂の特徴や脆弱さから、主な劣化の原因となっているのは
紫外線の影響と溶剤や油脂汚れの蓄積による劣化だと考えられます。
あまり知られていませんがヘッドライトハードコート層の上にボディーから流れたWAX(簡易ガラス系コーティング剤等を含む)
などの溶剤や植物性油脂(松脂・花粉など)が、太陽光に含まれる紫外線(UV:ultra violet)により劣化し酸化被膜化する事。
また、酸化していく際にハードコート層に侵食、やがてハードコート層自体もも劣化させてしまう事です。
露天駐車の場合や年数の経過した車両など長期間紫外線にさらされた場合はさらに劣化を促進させます。
紫外線が当たりやすく、汚れの蓄積しやすいヘッドライト上部などから劣化が始まるのもこれが原因と考えられます。


対処方法
ヘッドライトクリーナー等が多く販売されていますが、これはハードコート表面に付着した汚れの除去のみで、
ハードコート層をクリーニングする効果はありません。ごく軽度の汚れやくすみには効果が期待できますが、
劣化が激しい場合の復元は難しく、コンディションもすぐ戻ってしまいます。
また石油系溶剤がベースに使用されているため、上記で説明した“溶剤に脆弱”という特徴から
ポリカーボネートに長期間塗布するとクラックや白濁の起因になり得ます。
ハードコート層に問題が起こっている場合は、それを研磨して除去する必要があります。
高硬度なハードコートはコンパウンドでの研磨、除去は困難な為、通常は耐水ペーパー等による研磨が必要です。

当店のヘッドライトリペアは温水による溶解脱脂を行い、ヘッドライトコートは耐紫外線に特化した専用コート剤
を塗布し保護致します。また、耐候性の強いプロテクションフィルム(溶剤不使用)での保護といった施工も行って
おりますのでヘッドライトの劣化にお困りの方は是非お問い合わせください。
ヘッドライト再生施工例を新しい順に見るにはこちら

ポルシェ ヘッドライトヘッドライト 黄ばみ除去ヘッドライトコーティングR8 ヘッドライト

車磨きとコーティングはカーコーティング専門店ディテールワークス











テーマ ヘッドライトリペア    ジャンル 車・バイク


11
Category: 磨き屋のウンチク   Tags: 磨き      

研磨剤(コンパウンド)の種類のお話

お客様から研磨剤に関してのお問い合わせが有りましたので、
今回は少し専門的なお話。

塗装を研磨する為の成分にはたくさんの研磨粒子の種類が存在しますが、
3つに大別してその特性について説明します。

IMG_6341.jpg




①酸化アルミニウム
通称「アルミナ」、現時点ではコンパウンドの原料として主流です。
焼くことで生成される焼成アルミナで、中でも最も硬度の高いαアルミナが広く知られており、
中間研磨~仕上げ方向の製品に多用されています。

②シリカ
二酸化珪素(SIO2)の総称で、たくさんの種類があります。
研磨剤として使用されるのは珪藻土系のシリカです。
形状が粗く、研磨の際には砕けて細かく粉砕することから研剤の原料に用いられています。
現在では粗さと柔らかさのバランスが取れたソフトシリカも初期研磨剤として使用されています。

③珪酸アルミニウム
珪酸塩化合物。粒子が柔らかく微細です。
石鹸などにも利用されるほどソフトな研磨粒子です。
近年、品質研究・改良が進み、その性質を利用して最終仕上げなど微細な研磨に利用されています。




自動車の塗装が進化していく事に合わせて研磨剤も進化していきます。
高品位塗装が一般化し、高硬度の水性塗装から復元性のある高弾性塗装まで、
それぞれ性質が異なります。
当店にお持込みになられるお車の使用状況や塗膜状態なども、やはり一台一台違うので、
手前共はそれぞれの状況に対応できるように、研磨剤ひとつをとっても万全の準備を整え、
その特性を良く掴んでおく必要があるわけです。


IMG_7507.jpg


車磨きはディテールワークス




テーマ メンテナンス&ケア    ジャンル 車・バイク


25
Category: 磨き屋のウンチク   Tags: 黄砂    影響  対処  洗車  方法  PM2.5  花粉  

黄砂の車両への影響と適切な対処(洗車)方法~PM2.5と花粉~

黄砂とは?

文字通り「砂」の種類ですが、その由来は主としてゴビ砂漠やタクラマカン砂漠、黄土地帯で偏西風によって
吹き上げられた多量の砂塵が上空の風に運ばれて日本まで飛来し、降下する現象のことを言います。

86308218.jpg

黄砂は砂としては粒子が小さく、約0.5~5μm程度の粒子で一般的には4μmくらいのサイズがピークになります。
そのため、地質学的な分類では、厳密には砂ではなく泥になります。

黄砂_1~1

硫酸カルシウム、硫酸アンモニウム等を含み、炭酸カルシウムに関しては10%以上も含んでおり、アルカリ性を示す特性があります。
黄砂がアルカリ性であることを示す事例として、黄砂の飛来中に雨が降ると通常の降水時には酸性であるpHが、
pH7~8に傾きアルカリ性を示す場合が多いことがわかっています。
これはカルシウムイオン(Ca2+)濃度の増加による物ですが、黄砂中の主要鉱物であるカルサイト(炭酸カルシウム)が雨水中の
過剰な酸性イオン濃度に対応して中和反応的に溶け出したためpHがアルカリよりに変化したことに依るものです。





車両への影響

黄砂が車のボディーに付着した状態で雨に降られると、塗装面上にアルカリ成分が広がって残留するため、
洗車をした際には撥水コーティングがしてあるような場合でも、一時的に塗装面が撥水しない状態になります。
アルカリは塗装面に残留しやすく、中性のボディシャンプーなどで洗浄しても残りやすい性質があります。
しかし、このアルカリ自体はpH7~8程度が一般的で、塗装に対してこれ自体が急激な攻撃性があるというほどではありません。

img_kousa02_01.jpg

ですが大きな問題として、黄砂に多く含まれるミネラル分はイオンデポジットの原因となるカルシウムイオンやマグネシウムイオンが主体であるため、
黄砂が塗装面に付着した状態で雨が降ることでイオンデポジットが発生してしまいやすい状況が整ってしまうことが考えられます。
イオンデポジットは、カルシウム(カルキ)などの成分が水に含まれた状態で塗装面に存在し、水滴として蒸発をした場合に多く発生します。
黄砂に含まれている炭酸カルシウムなどがアルカリ性の水分に流れ出し、水分が蒸発する際に水に溶け込んでいた
二酸化炭素や酸素などと結びつきながら堆積して白い固形物を形成します。
さらに再び水分が付着すると、固形物が壁の役割をして同じところに水滴が出来るので、蒸発と堆積の繰り返しながら強固な固着物となっていきます。
この現象は、黄砂に限らず夏場の洗車による水道水や井戸水の使用でも見られるモノではありますが、
黄砂の場合にはその原因物質が多く含有されているため起きやすくなります。






黄砂への対処方法

つまり、黄砂自体が車の塗装に悪影響を及ぼす事はありませんが、黄砂+水分(アルカリ性) が非常に厄介だという事です。

最も重要なメンテナンスは、黄砂付着後、雨に降られる前か直後には洗車をして黄砂を除去する事です。
その洗車に対しても、黄砂は砂ですので洗車方法にも十分に注意してください。
大量の水としっかりと泡立てたシャンプーでソフトに作業を行う事で洗車傷を防ぐことが出来ます。
また、弱酸性のシャンプーには黄砂のアルカリ成分を中和する作用があり、
アルカリの残留を防いで塗装面やコーティング被膜の性質を素早く取り戻すことが可能な上、
軽度のイオンデポジットの除去作用も期待できることから、大変有効な手段であるということが出来ます。

春は夏についで洗車の難しい季節です。
同時期に発生する花粉や今年大きな環境問題として取り上げられているPM2.5など、複数の物質が同時に飛散して塗装面には付着しています。
そのため、単純に黄砂に対しての対応のみで塗装面への影響を除去することは難しい場合もあります。
例えば花粉は成分的にタンパク質が主体で塗装に与えるダメージのメカニズムも全く異なります。
含まれるアミノ酸が降雨で塗装面に固着し、乾燥で収縮を起こしダメージを与えます。
また、PM2.5は比較的近年になり着目された物質で、これは工場や自動車の排煙やVOCなどの環境汚染物質が粒状化したもので、塗装面に与える影響などの知見もまだ少ないので、今後の研究が必要です。




テーマ メンテナンス&ケア    ジャンル 車・バイク


26
Category: 磨き屋のウンチク   Tags: プレスライン  研磨  方法  バフ  パネル際    磨き  塗装  

プレスラインの研磨方法 ~パネル際の磨き~

お客様より磨きについてのお問い合わせを頂きました。
ブログを使って簡単ですがお答えさせて頂きます。
マニアックでダラダラと長い内容なので、興味の無い方にはツマラナイと思いますが失礼します。

以前のブログ、車磨きの3大要素とポリッシャーの操作方法でも、
基本的な内容をご紹介していますのでよろしければご参照ください。

お問い合わせ内容①
「ポリッシャーを購入し、自分の車を磨いてみたのですが、
パネルの際のキズを取ろうとして塗装を剥がしてしまいました。
塗装を剥がずにパネル際をしっかり磨き込むにはどうすれば良いのでしょうか?」


パネルの凸部分や際等は、上手に磨かないと塗装を剥がしてしまいます。
その為、マスキングテープで保護してプレスラインやパネル際は磨かない施工店もあるくらいです。
磨きに不慣れな場合は、リスクを避ける為に最初はこのような方法で十分だと思います。
ただ、欲を言えば、マスキングテープは“磨いてはいけない部分”を保護する為のモノで、
“磨きたくない部分”を養生するモノではありません。
美しく仕上げる為には細部の完成度が物を言います。

コツをつかめば、パネル際や凸部分をリスク無くしっかり磨ける方法を
プレスラインの磨きを例にとってご説明します。


■プレスライン研磨

まず、プレスラインの磨きで絶対にやってはいけない事はラインをまたぐ様に磨いてしまう事。
シャープなラインも、山を馴らしてしまうようなバフの当て方をしてしまうと、
山の頂上に多くの抵抗が掛かる為、ラインが削れて輪郭がぼやけてしまい、
のっぺりとした印象を与えてしまいます。
パネル際の磨きに置き換えると、山を馴らす様な研磨、これこそが塗装を剥がしてしまう原因です。
下の写真はプレスラインが給油口の蓋を横断するように入っています。

IMG_4868.jpg
画像ではプレスライン上部を磨いています。
プレスラインを際立たせる(尖らせる)ような研磨をするには、
シングルポリッシャーの場合、ほとんどが右回転(時計回り)ですので、
山に登っていくバフ側(右側)を当てて、下る側(左側)は写真の様に塗装から浮かせる為に少しだけ傾けます。
下のパネルも同様の磨き方をする事で、キャラクターラインを際立たせる事が出来ます。
パネル際も同じ要領で、際から戻ってくるバフ側を当てないようにすると
塗装を剥がすような失敗をする事なくしっかり磨けるはずです。



■平面の研磨

IMG_4774.jpg
平面は、ポリッシャーが暴るのを嫌がって傾けてしまいがちですが、
塗装面と平行にバフを当てるとしっかり磨き込む事ができますので
回転数等を調整しながら研磨してください。

愛車のコーティングは、車磨き専門店ディテールワークス



■関連性の高い記事
ガラスコーティングを新しい記事から見る
新車のコーティング価格?




テーマ メンテナンス&ケア    ジャンル 車・バイク



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom