磨き屋さんブログ


In 08 2014

18
Category: ガラスコーティング施工一覧   Tags:  コーティング  相模原  

スバル アウトバック、ガラスコーティング施工/神奈川県相模原市N様

IMG_6666.jpg
スバルアウトバック、神奈川県相模原市のお客様よりガラスコーティングとホイルーコーティングのご依頼でご入庫です。
IMG_6668.jpgIMG_6677.jpg
昨日からの雨で泥だらけです




今回は、下地処理の1肯定、ポリッシングのビフォア&アフターを中心にアップしようと思います





<BEFORE>
IMG_6688.jpg
<AFTER>
IMG_6689.jpg
フェンダーの傷を除去







<BEFORE>
IMG_6686.jpg
<AFTER>
IMG_6687.jpg
ドアパネルもコーティング下地として最良の状態に







<BEFORE>
IMG_6691.jpg
<AFTER>
IMG_6693.jpg
こんな傷も磨き込めばなんとかなります。
早まってタッチアップしないようにしてくださいね








<BEFORE>
IMG_6692.jpg
<AFTER>
IMG_6694.jpg
ドアノブのカップ下の線傷を除去









<BEFORE>
IMG_6684.jpg
<AFTER>
IMG_6685.jpg
カップ上の引っかき傷。手に何か持ったままドアを開けると結構傷が付きやすいので注意です。
細かい傷も見逃さずに処理します










IMG_6702.jpg
リセット終了、コーティングを施工して美しい塗膜状態を維持します



IMG_6701.jpg
同時にご依頼いただいた硬化型のホイールコーティングも施工致しました。



IMG_6705.jpg
コーティング施工後。パールですがソリッド色の様なシャープな光沢感がでました。
当店ではクリア厚が著しく低下する”鏡面磨き”のような荒療治はしておりません。
その車の塗装が持つポテンシャルを引き出すよう、必要な磨きを最小限で入れていく事が大事だと思います。





IMG_6709.jpg
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼いただき誠にありがとうございました。
またお力になれることがございましたらお気軽にご連絡ください。










スポンサーサイト



テーマ ボディーコーティング    ジャンル 車・バイク


13
Category: ガラスコーティング施工一覧   Tags: ---

BMWミニ・クロスオーバーガラスコーティング施工工程/東京都世田谷区H様

IMG_6551.jpg
BMWミニクロスオーバー、東京都世田谷区のお客様よりガラスコーティング他オプション多数のご依頼でご入庫。
4ドアになったり、ルーフレールが付いたり、といった違いはあるものの、MINIより一回り大きいというのが最大の特徴。
特に路上で見かけると5ナンバー国産車クラスより大きいのでビックリします。


IMG_6552.jpg
鉄粉や汚れで疎水状態のボンネット
駐車環境や季節によって汚れの付き方も変わってきます


IMG_6554.jpg
当店では数種類の洗浄剤を汚れに合わせて配合を変え使用しております



<クリーニング前>
IMG_6581.jpg

<クリーニング後>

お車の隅々まで








IMG_6558.jpg
粘土で塗装に刺さった鉄粉を除去します



IMG_6561.jpg
               ↓
IMG_6559.jpg
鉄粉多めです



<洗浄前>
IMG_6553.jpg
<洗浄後>
IMG_6555.jpg
トラップ粘土での鉄粉除去後は、必ず粘土跡が付きますので磨きによりそれを除去する必要があります











IMG_6562.jpg アルミ ブレーキダスト
ホイール裏はブレーキダストと鉄粉が固着し始めてます
ホイールトラップ粘土
アイアンカットとホイール用トラップ粘土のダブル攻撃です




ホイール適正トルク
ホイールコーティング後に適正トルクで締め付け






IMG_6566.jpg
窓ガラスの純フッ素撥水加工もご依頼頂きました
高含有量のフッ素化コート剤を塗布し、雨染みを寄せ付けません








IMG_6572.jpg
マスキングを終えポリッシング開始です



<磨き前>                         <磨き後>
IMG_6570.jpg  →  IMG_6602.jpg
ボンネット右側、傷は全体的に少なめのお車でした



<磨き前>                         <磨き後>
IMG_6578.jpg  →  IMG_6579.jpg
センターピラー



<磨き前>                         <磨き後>
IMG_6569.jpg  →  IMG_6603.jpg
ボンネット、色ボケを生む小傷による乱反射が消えて艶・色深度UPです




IMG_6604.jpg
ガラスコーティングECHELON1043nano-fil施工開始
IMG_6631.jpgIMG_6620.jpg
ボディーコーティングの本質「塗装を保護し、美観を長期間保護する」事に拘っています
IMG_6617.jpgIMG_6614.jpg
シロキサン結合を主骨格の3Dネットワーク構造が酸性雨や糞害など、外的要因に対し強固な耐候性を発揮します
IMG_6608.jpg
隅々までしっかり施工します
IMG_6594.jpgIMG_6611.jpg
不純物の一切残らないハイブリッド被膜を形成
IMG_6627.jpgIMG_6606.jpg<IMG_6615.jpgIMG_6612.jpg
約24時間の硬化時間を置きます


IMG_6634.jpg
いよいよ納車です。
生憎の曇天ですが、ダークブルーとホワイトのコントラストが綺麗ですね。




この度は、東京都町田市のガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼いただき誠にありがとうございました。



テーマ ボディーコーティング    ジャンル 車・バイク


11
Category: 磨き屋のウンチク   Tags: 磨き      

研磨剤(コンパウンド)の種類のお話

お客様から研磨剤に関してのお問い合わせが有りましたので、
今回は少し専門的なお話。

塗装を研磨する為の成分にはたくさんの研磨粒子の種類が存在しますが、
3つに大別してその特性について説明します。

IMG_6341.jpg




①酸化アルミニウム
通称「アルミナ」、現時点ではコンパウンドの原料として主流です。
焼くことで生成される焼成アルミナで、中でも最も硬度の高いαアルミナが広く知られており、
中間研磨~仕上げ方向の製品に多用されています。

②シリカ
二酸化珪素(SIO2)の総称で、たくさんの種類があります。
研磨剤として使用されるのは珪藻土系のシリカです。
形状が粗く、研磨の際には砕けて細かく粉砕することから研剤の原料に用いられています。
現在では粗さと柔らかさのバランスが取れたソフトシリカも初期研磨剤として使用されています。

③珪酸アルミニウム
珪酸塩化合物。粒子が柔らかく微細です。
石鹸などにも利用されるほどソフトな研磨粒子です。
近年、品質研究・改良が進み、その性質を利用して最終仕上げなど微細な研磨に利用されています。




自動車の塗装が進化していく事に合わせて研磨剤も進化していきます。
高品位塗装が一般化し、高硬度の水性塗装から復元性のある高弾性塗装まで、
それぞれ性質が異なります。
当店にお持込みになられるお車の使用状況や塗膜状態なども、やはり一台一台違うので、
手前共はそれぞれの状況に対応できるように、研磨剤ひとつをとっても万全の準備を整え、
その特性を良く掴んでおく必要があるわけです。


IMG_7507.jpg


車磨きはディテールワークス




テーマ メンテナンス&ケア    ジャンル 車・バイク


08
Category: ガラスコーティング施工一覧   Tags: BMW  X3  ガラスコーティング  

BMW X3 ガラスコーティング施工工程/神奈川県横浜市N様

IMG_6417.jpg
BMWX3、神奈川県横浜市のお客様よりガラスコーティング施工のご依頼です





IMG_6416.jpg
BMWラインナップに積まれて定評のあるN55B30A型3リッター
直噴ターボエンジンにアイドリングストップ付きの8速ATを組み
合わせたところがミソ



IMG_6418.jpg
硬化型ホイールコーティングの施工もご依頼いただきましたの徹底的にでクリーニングしていきます



IMG_6421.jpg
裏側は真っ黒です

IMG_6423.jpg
くぼみの部分にもブラシを掛けてブレーキダストを除去します



IMG_6420.jpg
タイヤハウスが泥で汚れるのは宿命ですが、ここもしっかりお手入れします

IMG_6424.jpg
すっきり、気持ちいいですね



IMG_6431.jpg
水分をしっかりふき取り、ホイールの裏表をコーティングします


IMG_6535.jpg
コーティング後は鉄粉の刺さりを抑える事ができますが、こまめな日常のお手入れももちろん大事です。








IMG_6454.jpgIMG_6458.jpg
雨染みはかなりガンコでした
IMG_6455.jpgIMG_6457.jpg
フロントガラス助手席側





IMG_6460.jpg
純フッ素窓ガラスコーティング、40km/h以上でワイパー無しでも視界良好です











<クリーニング前>
IMG_6483.jpg
<クリーニング後>
IMG_6490.jpg
サイドのエンブレムなども磨き前に蓄積されたスケールを除去します


IMG_6484.jpg
                   ↓
IMG_6488.jpg
こういった細かい部分の仕上がりが全体の印象を大きく左右します





IMG_6470.jpg
マスキング終了
IMG_6461.jpgIMG_6468.jpg




IMG_6463.jpg
ポリッシング前のボンネットの状態。
屋外では一見キレイに見えていたボディーは、水染みが層を成しているようです



IMG_6474.jpg
磨きを入れた画像右側。
幸い、デポジット化しているようなものは無さそうです




<施工前>
IMG_6480.jpg
塗装のボケを生む小傷の乱反射
<施工後>
IMG_6481.jpg
超微粒子による仕上げを行いますのでオーロラなどは皆無です





<施工前>
IMG_6491.jpg
<施工後>
IMG_6501.jpg
ドアノブのカップ部分も綺麗に






IMG_6498.jpg
磨きにくいトランクパネルの下端の磨きこみ
IMG_6499.jpg
一パネルずつ確認をいれながら仕上げます







IMG_6516.jpg
バンパー裏までしっかりお手入れ


IMG_6507.jpg
               ↓
IMG_6519.jpg
見えない部分にこそ魂を込めます





IMG_6502.jpg
磨き直後の無垢な塗装は本当に美しいですね
IMG_6503.jpg
脱脂洗車前に太陽光も使って最終チェック






IMG_6533.jpg
脱脂後にガラスコーティングを施工して完了です
IMG_6537.jpgIMG_6541.jpg
被膜は約24時間で安定
IMG_6542.jpg
丁寧に下地処理の施された塗装はコーティングの定着率が高くなります
IMG_6543.jpgIMG_6525.jpg
ムラの無い均質な仕上がりのブラックサファイア
IMG_6528.jpg
いつまでも愛車を美しく保ちたい。そんなご要望にお応えすべく誠心誠意お車と向き合わせて頂きます。






IMG_6546.jpg
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
日々のメンテナンス方法等、ご不明点が有りましたらお気軽にご連絡ください。






テーマ ボディーコーティング    ジャンル 車・バイク


01
Category: ガラスコーティング施工一覧   Tags: アルミホイール  鉄粉  ブレーキダスト  

アルミホイールの汚れ、ブレーキダストと鉄粉の対処方法

アルミホイールの汚れ

アルミホイールの汚れでまず連想するのがカーボン(すす汚れ)で真っ黒になった状態。
これはブレーキパッドがローターとの摩擦時に燃焼して灰になった物です。
そこに路面などからピッチやタール、油汚れなどが付着して堆積します。
放置しすぎたり、不用意に拭き取ろうとして汚れを伸ばしたりしなければ問題はありません。
もう一つブレーキローターから発生する鉄粉です。
ブレーキパッドの黒いカーボン汚れが鉄粉であると混同されやすいですが、
主に、ローターがブレーキパッドにより削られたものが鉄粉です。

鉄粉の刺さったアルミホイール

例えば高速道路では100℃~150℃くらいで安定し、ブレーキング時の温度は瞬間的にさらに上昇します。
摩擦によって削られた高温の鉄粉がホイール表面に刺さったように付着するため簡単には取れない汚れになるわけです。
基本的にはアルミナ入りの除去粘土を使用して除去します。
鉄に反応する紫色の鉄粉除去剤(アイアンカットなど)を原液使用してローターに掛かった場合ブレーキのあたりが
中々付かなくなる事が起こることもあるのでホイールを装着したまま使用するのはあまりお勧めしません。

鉄粉は酸化する事で塗装の奥深くへ進行するので日頃のまめな洗車が大事です。
急ブレーキを避けることなどでもブレーキダストの灰や鉄粉の刺さりを抑えられるので効果的です。




車の磨きは<カーコーティング専門店ディテールワークス>





テーマ メンテナンス&ケア    ジャンル 車・バイク



2
3
4
5
6
7
9
10
12
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom