磨き屋さんブログ


10
Category: 磨き屋のウンチク   Tags:  コーティング  ガラス  新車  東京  町田    ボディー  メリット  ダメージ  

3大誇張表現とカーコーティングのメリット

新車にこそ施工しておきたいボディーコーティング。
その中でも断トツに人気を博しているのがガラスコーティングです(※)
のガラスコーティングと聞いて連想されるイメージはどういったものですか?
コーティング専門店を営む私が、ガラスコーティングに関する正直な話をさせて頂きます。
昨今では、セールスの為の誇大広告や誇張表現により 車のガラスコーティングは「完全無欠の保護剤」
というイメージが付いています。
これは「間違った認識」です。
ガラスコーティングとはどういったモノで、それを愛車に施工するメリットは何なのでしょうか。

(※ガラスコーティング = Sio2硬化型ボディーコーティング)






その1 厚い被膜 ⇒ ×
どんな謳い文句のガラスコーティングでも2μ(ミクロン)以上の膜厚形成は不可能です。
薄いサランラップでも10μはありますから一般的には“薄い”部類のものです。
飛び石がぶつかった部分は剥がれ落ちてしまいます。

その2 高い定着力で5年の超寿命 ⇒ ×
どんなに高い施工料金をガラスコーティングに払っても主成分の二酸化ケイ素の整列寿命は長くて2年です。
美しく保つ為のメンテナンスで効果を持続させる事は可能です。

その3 硬いからキズが付かない ⇒ ×
どんなにコーティング被膜が硬くても、実際の硬さは下地の素材に依存します。
車の塗装は鉛筆硬度4H程、傷が付きにくくなる事はあっても完全に防ぐ事は出来ません。
豆腐を金箔で覆っても柔らかいままなのと一緒です。




うでしょうか?
これでは「コーティングをする意味がない」と感じた方もいるかもしれません。
ですが、車の塗装を守れるものはコーティング以外に無いのも事実です。
極端な言い回しかも知れませんがコーティングで保護しなければ、
車は日々ダメージを負い続けることになります。
同じ車で有っても、ガラスコートを施した車とそうでない車の2年後の姿を比べれば、
その塗膜状態の差は明らかです。
有機物である塗装は酸化しますが、“生モノ”を真空保存して賞味期限を延ばすように、
ガラスコーティングが塗装に密着する事で、塗装の酸化を防ぐ事ができます。
ボディーが汚れないわけではないものの、汚れは落ちやすく、
洗車時はメンテナンス性に大変優れています。


BMW by RickyFlores
ボディーの艶・光沢が増幅する事もカーコーティングの一つの魅力ではありますが、
新車の塗装状態を永く維持する事。
これこそがカーコーティング本来の目的であり、最大のメリットではないでしょうか。

さらに、その被膜を上手に保つ事で、
塗装を各種のダメージやトラブルから永く守る事が出来ます。


▼ディテールワークスホームページ



■関連性の高い記事
新車のコーティング価格10万円の真相
・画期的!新ボディーコーティング
ガラスコーティングを新しい記事から見る






スポンサーサイト



テーマ ボディーコーティング    ジャンル 車・バイク



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom